読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堕落、してますか?

 米国ノースカロライナ大学のウィルバー・ウォーリントン教授は、2001年にこんなものを発表しています。

 貴方が堕落しているかどうかを知るためにはどうすればよいか。我々研究チームはこの問題への対処方法を科学的に解明した。すなわち、「堕落指数」の導入である。我々は過去の膨大な実験データから驚くべき規則性を見出だし、その結果、堕落指数を用いることにより堕落レベルを測定することを可能にした。
 堕落指数とはこうである。
N(堕落指数)=mg^t
 但し、mとは一日の自慰回数、gは重力加速度、tとは自慰にかけた平均時間(min)である。
 N=0…無堕落状態
 0<N≦1…小堕落状態(さして問題はなし)
 1<N≦2…中堕落状態(一時性対人恐怖症発症の恐れあり)
 2<N…大堕落状態(テクノブレイクの恐れあり) 」
(Wilbur Warrlington "The Scientific Theory Of Corruption And Its Possible Effects"(2001) 引用は筆者による和訳)*1

 私がこの論文を初めて目にしたとき、あまりの単純さに呆れたのをよく覚えています。そもそも、仮に自慰をしなかったとすれば堕落指数は0にしかなりません*2。そんなバカな話があるか、ということです。世の中には色んな人がいる。貴方の隣の乗客は浪人生かもしれませんし、一夜に30人の女性と致したという伝説を持つサラリーマンかもしれません。貴方の向かいの席の人はセクシャルマイノリティかもしれませんし、シーランド公国伯爵かもしれません。多様性の時代と言われるようになって久しいです。一見理解できなさそうな人のことだって認める努力をしなければいけない。たとえ理解することができなくても。それが是とされるような時代ではありませんか。それにもかかわらず、このウォーリントン教授ときたらまさに時代への逆行も甚だしいところです。なんと、自慰をすることが堕落していることの必要条件*3と言っているのです。既に述べた通り、色んな人がいますから、当然自慰をせずとも堕落している人はいるはずです。


 ところで、恐らく誰しもがいつかは堕落的な生活や破滅的な愛に憧れを抱くものだと思うのですが、私にとってそんな時期は中学二年生の時でした。きっかけは太宰治の『人間失格』―そう、あまりにも有名な堕落文学―を読んだことです。私は作中の主人公と自身との異常なまでの重なりに感動し、堕落に憧れました。こうなると、周りの人々などどうでもよくなってきます。別に他人にどう思われようと、仮に嫌悪されても何の問題もないのです。寧ろ他人のそんな感情は歓迎されたことでしょう。
 結局、私は高校生になった辺りで自身の「堕落趣味」に疑問を呈すようになり、堕落への憧れは私から徐々に消えていったわけなのですが、今となって振り返ってみればあの頃に私の内部においてある種の個人主義が形成されたのではないか、と思うのです。悪く言えば「孤立主義」とも言えるのかもしれません。ともかく、中学二年生の頃の私はどこかおかしく、名実ともに中二病だったと言えるでしょう。


 さて、昨夜は大変でした。何度目の親子喧嘩か。私のここ最近の勉強への向き合い方に対して不満があったようです。私にしてみても、受験当日まで一週間を切った今になって自分自身の日々の生活を振り返ってみれば、やはりこの一年間は時期によって非常に異なる生活態度であったと思うわけです。春に「部活を引退したらやっと勉強に身が入る」なんて意気込んでいたのが今では嘘みたいです。私は夏辺りを境に自分の成績が下がっていくことに焦り始めました。というのも、当時は第一志望専願であり、不合格なら即浪人という、成績の振るわない私にとり特攻・ギャンブルのようなことを企んでいたのです。成績が下がっていく現実を目の当たりにし「これはまずい」と挽回を図りましたが、やはり下がっていきました。「なにかやり方が間違っているのではないか...」と明確に自覚し始めたのは12月に入ってからでした。こうなっては他に策を講じるしかない、と私は併願校探しを始めました。すると、候補に挙がったのはS大学。魅力は、文理共通のキャンパスであること、私の興味分野である歴史学が学べること、在校生の男女比に偏りがないこと*4。そして、何よりも自宅から近いこと。驚きの近さです。「朝ドラ観てから家出れる」みたいなレベルではないでしょう。このような魅力を考えると、自分の成績からするとどうやら十分手の届きそうなS大学へ進学することがとても"いいこと"に思えてくるのです。とはいえ、このような思考はいわば「逃げの思考」に過ぎません。やはりS台予備学校のキャッチコピー「第一志望は譲れない!」というような意志が受験生には必要とされるのでしょうし、またその点において受験の必要性が盛んに叫ばれるのでしょう。だからこそ受験生自身が「第一志望を譲る」ことに甘んじているとしても、彼らの周囲の人々は「それではいけない」と諭すのでしょう。現に私とその家族はそのことで激しく口論を繰り返してきたわけですが、ひとまず2月26日を終えれば議論は停止です。しかし、予め終わりの見えている議論というのは妙に気分が良いものですね。


 2月初頭時点での第一志望校の合格可能性はE判定でした。以来の私の勉強時間は着実に減少しているので、その可能性が下がることはあっても上がることはありません。というより、そもそもこれ以上、下がりようがありません。2月20日現在の私は、限りなく無謀な挑戦に対する果敢なスピリットなど持っておらず、例えばこの記事冒頭の作り話に「本当に下らないな~」と嘆いてみたり、「jitaku vacation」とツイートしようとする寸前で「これ以上の自虐は罪だ、そして詰みだ」と考え直してみたりしているわけです。これが私の現実でした。ちょっと前までの自分は、直前も直前の時期になれば死に物狂いで勉強するものだと思っていました。しかし、その幻想は自分自身のために崩れ落ちました。他の受験生がどうであるかは知りません。
 ともかく、私は今現在、もはや選挙権を有している"大人"とは思えないような怠惰な生活を送っているのですが、自分ではこれを堕落とは思いません。なぜなら、その先には未来があるから。この一点に尽きます。そう、大学入学後という未来。その未来に裏切られ、その時点で現在の私が夢見がちな子羊に過ぎなかったのだと分かったとしても。今の私には縋る思いで未来を信じずにはいられないのです。
 堕落、してますか?もしもあなたが頷くのなら、一緒に未来を信じよう。私の、あなたの、絶望的な現実なんて忘れてしまおう。


 

*1:Google Scholarで検索しても無駄です。だって存在しないのだから。

*2:そうですよね?筆者は数学に自信がありません

*3:そうですよね?筆者は数学に自信がありません

*4:特異な環境に6年間おかれていた私にとり、やはりこのことは重要です

現代疾風怒濤短編小説『或る二人の愛』

 蜂蜜のケーキ、と彼女の声。彼女はウェルテル青年の恋人シャルロッテである。
「貴方は蜂蜜のケーキ」
 ああ、と青年は答えてケーキの欠片を口に入れる。 
「美味しい」
 これが二人の或る一日である。幸せの一時。やがて二人はまどろんでしまう。


 また或る日、シャルロッテは水族館へ向かう。勿論ウェルテル青年が同伴する。まだ建ったばかりの水族館である。館内の人混みをかき分け二人は安らげる場所へ辿り着いた。そこで二人はひどくエイを気に入って小一時間眺めていた。それは二人にとって至福の時間だった。青年が乙女の手にそっと触れると、乙女は少し笑って青年の手を握った。そんな彼女の反応に、ウェルテル青年は「嗚呼、この綺麗な彼女は生きているんだなぁ」と心に強く思い、握り返した。「俺も生きているのだ。生ける者同士の愛である」と青年は示したかったのである。


また或る日、シャルロッテは映画館へ向かう。勿論ウェルテル青年が同伴する。二人にとって何を観るか、それは問う必要がない。無論、今話題のアレ*1に決まっている。*2二人は感動に涙を流す。愛。青春。そしてそれらの輝き。そしてそれらを手にする自分達。二人はその夜、共に二方向への愛を認識したのだった。


 また或る日、シャルロッテは美術館へ向かう。勿論ウェルテル青年が同伴する。そこで女性裸体像を前に青年は不意に想像をしてしまう。淫らな想像である。哀しい哉、男の性である。このような時、たいてい彼らは真顔でいることができない。青年ははっとして乙女をちらと見る。目が合ってしまう。訪れるオウクワードネス*3。しかし彼女は微笑んだ。「全然壊れてないよ、ウェルテルの気持ち」ウェルテル青年は思った。「一生この人を愛そう。必ず愛そう。もうこの女性しか愛することはできない」と。


 その夜、ウェルテル青年は眠るシャルロッテを横に深く思惟した。自らの過去、現在、未来について。或いは横に眠る女性について。青年は幸福の真っ只中にいながら、いづれ訪れるかもしれぬ絶望を頭に浮かべた。その時、俺はどうするだろうか。また別の女性を愛すだろうか。しかし、穏やかな午後の彼女の言葉、
「全然壊れてないよ、ウェルテルの気持ち」
 この言葉に、青年は深いシャルロッテの愛、そしてシャルロッテへの愛を確信した。だから、そんな絶望が訪れる筈がないと青年は思いたかった。もしもそんな絶望がやって来れば…きっとピストルで自身の頭を撃ち抜くことになるだろうな、と彼は冗談のつもりで思った。そう、思った。

*1:『君の名は』

*2:それは二人の関係、すなわち恋愛関係を考えてみれば当然である。そもそも冒頭で作者がそのような関係を明示しておいたのだから、「映画館」というワードが登場した時点でアレが想像できないようでは先が思いやられる。特に国公立大志望の文系受験生諸君。この時期になってこのくらいが出来なくては、私立理系を考えなくてはなりません。

*3:気まずさ・訳者注

ゆううつのリズム

「あと二週間の辛抱だよ!」

彼女があまりに威勢良くそう言ったので、私はなんとなく笑って相槌を打った。

「武道館での晴れ姿、楽しみだね!」

そう、T大学の入学式は日本武道館で行われます。入学生はスーツを身に纏い、自らの努力を実感するでしょう。肝心の私はというと、反学歴主義的な数篇の詩をしたためては「下らない」と破り棄てる日々。私は「T大受験生」という肩書きを春から背負っていながら、明らかな自分の学力の限界を感じている、そんな中途半端者だったのです。「今頑張らずにいつ頑張るんだ!」「T大に行ったら合コンに連れてってやる」「いつやるか?今でしょ!」といった言葉は全て私には響かず、同様に冒頭の台詞についても(この発言はフィクションです)勿論馬耳東風です。

 そんな生活も初めのうちは良かった。尽きない性欲に身を任せ、学業への意欲を失えばその都度アダルトサイトへ飛んでいき*1自慰に耽っていれば幸せでいられたのです。しかし、意外なことに性欲も尽きるものだったのです。そう、勉強意欲はもとより、食欲・性欲・睡眠欲が皆逝った。仕方がないので、私は世界史資料集のオリエントのページ*2を広げながら人生やらなんやらの諸問題について考えることにしました。

Ⅰ.学歴について

 これは私にとっては大きな問題です。なんせ中高時代は所謂名門校*3に通っていたので、果たして高学歴を手にしないということがどのようなことであるのか、少しも分からないのです(想像力の欠如が原因とも)。私はあまりの恐怖に、忌み嫌っていたゴミ袋*4の中を覗いてみました。そこには、「最高学府T大は神」「腐ってもT大」「S大(私の後期出願校)はゴミ」「S大はFラン」といった生ゴミ*5が。私はこれらに反論するため、T大の汚点を探してみることにしました。10個程度探すと、私は次第に落ち着いてきました。なんだか、自慰直後みたいな気分です。とりあえず幸せになれたので良かったです。

 

Ⅱ.私の生、私の死について

 これは私にとっては大きな問題です。およそ18年前に私がK県Y市で生まれたのは紛れもない事実ですが、これこそ私が抱えざるを得なくなった問題なのです。物心ついた頃から私は何故だか学習塾に通っており、結果としてK高校に入学することになってしまった。これが私の最大の過ちでした(この決断が私自身の意思であるという前提の下では)。当時12歳だった私が、それまでの人生の半分の時間をK高校で過ごす…今考えれば地獄、悪夢、そんな言葉で表されるでしょう。私は劣等感という視覚不可の怪物に喰われて殺され、またこれからも殺されることは明らかでしょう。私の死は過去、現在、そして未来なのです。

 

Ⅲ.私の2017年について

 これは私にとっては大きな問題です。いくつかの場合が考えられます。

1.T大生になる

 3月10日にT大から合格通知をいただいた場合、私はT大生になる権利を得ます。私は泣いて喜ぶかもしれません。私は晴れて学歴主義者になるかもしれません。私は今現在の苦悩をみんな忘れてしまうかもしれません。但し、この確率は限りなく低く、ビル・ゲイツが自己破産するよりあり得ない話だと言われています。

2.S大生になる

 T大から不合格通知をいただいた場合、後期試験を通じS大へ進学する、というパターンです。これが現実的ですが、両親の意向によっては入学金を支払わない可能性があるので、何とも言えません。

3.浪人してT大を目指す

 これも十分考えられます。しかし私としては約一年間続けてきた受験生活に何よりも苦痛を感じたので、「もう一年やるのはちょっと…」という気持ちから、出来れば避けたいところです。

4.浪人して地方国公立大を目指す

 先程、親からイキナリ=イラナイコ宣言*6を承ったために急浮上した選択肢です。「3.浪人してT大を目指す」よりも現実的であり、親子双方の利害が一致することから、妥協案として有力です。

5.受験勉強そのものを放棄する

 「4.浪人して地方国公立大を目指す」さえも苦痛となった場合に考えられる選択肢です。とはいえ、貧弱な体でぬるま湯に浸かってきた18の若造が大学を経ずに社会へ飛び出しては、赤信号もビックリかもしれません。

6.物体として存在することをやめる

 可能性がないわけではありませんが、出来れば避けたいところです。

 

 劣等感が自己嫌悪を生み、自己嫌悪が私を殺す。私は生を取り戻すためにTwitterで承認欲求を満たそうとしました。その手段として、私は自虐し、自虐し、自虐しました。しかし、自分を虐げて得られる幸せなどやはり一時的なものに過ぎず、むしろ私が生を取り戻そうとしてとったその行為は、確実に私を虚しい事実に立ち帰らせ、胸を打ち砕きました。こうして自己嫌悪の渦に飲まれ自らを殺し、自らに殺される一方で私はあたかもゾンビのように甦ってきました。これは私の怠惰と開き直りの歴史に他なりません。しかし、怠惰を続けながらも遂に開き直ることが出来なくなった時。その時、私に残された道はただ一つしかないのでしょう。

*1:私は既に18度目の誕生日を迎えているので何の問題もない

*2:退屈であることの比喩

*3:と言われているが、自称だという批判も

*4:正式にはYahoo!知恵袋

*5:回答

*6:ご注文はうさぎですか?』第一話参照