近況など

「完全な美しさは存在しない」 そう言い残して消えていった彼は今頃どうしているのだろうかとふと思う。最近は私も同感だ。そう、完全な美しさは存在しない。あんなに綺麗だった人もほんとうには綺麗ではないし、あんなにmovingだった夕暮れもほんとうにはmo…

あなたと

つまり、終わってしまった、感情です。 2017年3月というのは、なんというか、私的重大事件が多すぎて、未だに戸惑っています。その具体的な内容については、述べたところで誰も得をしないだろうし、更に、私にとってそれらの経験を文章化することが如何に虚…

建造された大統領と大晦日に死んだ猫

男が懐古するのは50%の確率で冬、それはたとえば迷路的なシンセサイザー、たとえばアルコールを含んだティッシュー。スマートフォンの画面上に魚眼レンズの裏。スニーカーは忘れた頃に履き慣れたようになって迫る人々。斜陽に照らされた団地、子供らの声は普…

畏怖

皆さん、如何お過ごしでしょうか。同級生の方々は新たな進路が決定し未来への期待感に胸を膨らませたり、来年の受験に向けて気持ちを入れ替えているのではないでしょうか。終わってしまった一つの時代。卒業。思えば、私が通っていた中学・高校に入学した6年…

卒業

一昨日、無事高校を卒業することができました。思えば、高校時代とは長かったような短かったような不思議な時代でした。5度目にして最後の文化祭はもう2年前。沖縄への修学旅行も2年前。スポーツ大会で出場したドッジボールで優勝したのも2年前。山の家で富…

終わっていく 終わっていく

今日の正午、大学の合格発表がありました。合格発表とは結果が合格、不合格の二つしか存在し得ず、それ故に全ての受験者は歓喜と落胆のいづれかの方向に進むことになります。残酷な瞬間です。 さて、私も一人の受験者なので結果を確認するため大学の公式サイ…

絶望でないもの、おそらくは希望

ここのところの無限の暇はあまりにも儚く、この期間が合格発表までの猶予期間であることを忘れてしまいがちです。とはいえ、この期間の殆どは大した緊張感を抱かずに過ごすことができました。その理由を一緒に考えていきましょう。 1.試験の出来が悪かった …

しあわせです。

引っ越したのは2日前だった。新しい街は人通りが少ない。先程は隣駅の中古屋で買った本達を抱えて一人歩いた帰り道。そして新しい街は人通りが少ない。レズビアンのようなあたたかさを保存した公園の橙の灯りに包み込まれたが気分は上がらなかった。詩人的な…

堕落、してますか?

米国ノースカロライナ大学のウィルバー・ウォーリントン教授は、2001年にこんなものを発表しています。 貴方が堕落しているかどうかを知るためにはどうすればよいか。我々研究チームはこの問題への対処方法を科学的に解明した。すなわち、「堕落指数」の導入…

現代疾風怒濤短編小説『或る二人の愛』

蜂蜜のケーキ、と彼女の声。彼女はウェルテル青年の恋人シャルロッテである。 「貴方は蜂蜜のケーキ」 ああ、と青年は答えてケーキの欠片を口に入れる。 「美味しい」 これが二人の或る一日である。幸せの一時。やがて二人はまどろんでしまう。 また或る日、…

ゆううつのリズム

「あと二週間の辛抱だよ!」 彼女があまりに威勢良くそう言ったので、私はなんとなく笑って相槌を打った。 「武道館での晴れ姿、楽しみだね!」 そう、T大学の入学式は日本武道館で行われます。入学生はスーツを身に纏い、自らの努力を実感するでしょう。肝…