絶望でないもの、おそらくは希望

 ここのところの無限の暇はあまりにも儚く、この期間が合格発表までの猶予期間であることを忘れてしまいがちです。とはいえ、この期間の殆どは大した緊張感を抱かずに過ごすことができました。その理由を一緒に考えていきましょう。

1.試験の出来が悪かった

 これは最大の理由の一つです。試験は国語、数学、地歴、英語の順で行われたのですが、私は一科目目、つまり国語で恐らく失敗しました*1。さらに日本史でも失敗し世界史でも失敗し英語でも失敗しました*2。すなわち私の見込みではE判定が覆ることはなさそうです。

2.合否に興味を失うようになった

 そもそも試験直前にはやる気を失っていたのですが、上記のような手応えからするともはや合否は問うまでもないでしょう。これについてあまり述べ過ぎると「不合格の場合に備えて予防線を張っている」感じが高まるのでこの辺にしておきます*3
 

3.合格発表よりも重大な予定が入った

 これは事実です。とても重要だったのでこちらに気を取られていました。

4.新たな趣味に自殺が加わった

 試験終了後からこれまでに既にもう2回自殺しているのですが、とても気持ちいいのでオススメです。

5.試験直前に米大統領にD.トランプ氏が就任

 我が国の同盟国である米国のトップが交替するというニュースは2017(2016)年のトップニュースの一つであると言い切って差し支えないでしょう。
 

6.ノーナ・リーブスが3月にベストアルバムをリリースすることを発表

 vo.西寺郷太を中心とする3人組人気ポップスバンドであるノーナ・リーブスは3月8日にニューアルバム『POP'N SOUL 20~The Very Best of NONA REEVES』をリリースすることを発表しました。同アルバムには新曲『O‐V‐E‐R‐H‐E‐A‐T』のみならず『ENJOYEE!(YOUR LIFETIME)』の新録も収録されています。是非聴いてみてください。

 以上が理由となりますが、そうは言いながらもなんだか緊張してきてしまいました。これはもう受験生の性(サガ)でしょう。模試結果の返却日のような気分です*4
 私の一つの住処であるTwitterではここのところ同級生たちの合格報告ツイートが氾濫し、明日を待つ私の精神を削いでいくのですが、Twitterラテン語で「死」を意味することから分かるようにTwitterとは死の集合です*5。彼らの自慢に溢れるそれらのツイートはナルシスト・ゾンビであり、実のところ気にかけるに値しません。ですから私は既に死んでいますがそのような存在に成り下がりたくはないので、たとえ合格していようと合格報告ツイートをするつもりはありません*6
 
 最後は愚痴みたくなりましたが、とりあえず約14時間後の合格発表に向けて祈ることにします。

 

*1:その訳は古文で出題された源氏物語と現代文の所謂随筆的な文章の双方が全然理解できなかったことです

*2:あまりの酷さに英語終了後に思わずちょっと笑ってしまいました

*3:但しその主張が正しいことは火を見るよりも明らかです

*4:因みに試験当日も模試感覚でした

*5:これこそが「#はじめてのツイート は自殺宣言」と言われる所以です

*6:不合格の場合ですが、不合格報告ツイートをする暇などあったら、もっと気持ちいい自殺をします